2020年03月31日

捨てなくて良かったヒノキの端材

弊店が約二年前に市内で手掛けました、静岡県産樹齢80年生天竜ヒノキの端材です。
製材後に約三ヶ月間の自然乾燥を経て、住宅の構造材である「梁(はり)」に使われた端材です。
工事終了時に廃棄処分されるところ、生まれついての貧しい木材商は「これはもったいない…」と涙を流し、その多くの端材を倉庫内奥に保管しておきました。
樹齢80年生天竜ヒノキ01
上の画像左から二丁が梁背30.0cm、右端が梁背24.0cmのヒノキです。
その当時の物件は居室内に天井材を施工したため、建物完成後にこのヒノキ製梁材は以来人目に付くこと無く隠れてしまいました。そこで今回検討されている物件では、せっかく使われるこの高樹齢ヒノキ製梁材を、見せる(見える)構造にできないかと考慮中です。

この件を大工さんに相談すると、「大工としては「干割れ」が気になるが、建て主さんに説明して理解してもらえれば用材選択に反対する理由は無い」と言われます。
樹齢80年生天竜ヒノキ02
製材後の乾燥途中、木材繊維の収縮過程で起きるこの干割れ。これが多くの消費者からは木材の欠点として認識(誤解)され、見える構造材としてはどうしても敬遠されがちです。

しかし、その家に住まわれる建て主さんに正確に説明して「私たちは割れても気にならない」と理解されれば、構造材としてこれ以上はない樹材です。そこで大工さんに表面に付いた日焼けとホコリを削ってもらい、次回建て主さんとの打ち合わせに検討材料として持参することにしました。

乾燥後二年を経ても、削った途端にあのヒノキの芳香が周囲に漂います。
今回は樹齢100年生超、いよいよ木材商らしい記事になってきました。

巻ヶ沢橋
茨城県南地域に木造建築で新築や増改築を検討されている皆様、
守谷市に開業して54年になる二代目木材商からの提案です。
ぜひご一読ください、けっして損はさせません。→→→

にほんブログ村 住まいブログ 国産材・地域材住宅へ
にほんブログ村 < 住まい < 国産材・地域材住宅 に参加中です!!
Please click over the icon once a day.
posted by 長風呂呑平 at 17:11| Comment(1) | 樹と木 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
おやぁ、あのときのヒノキですか、なつかしい。
こういうものが見向きもされなくなってしまった
現代は実に悲しいと思います。
俺ならこれだけ安くできると
間違った考えで住宅をとらえている人が
なんと多いことか。
Posted by kubo toshio at 2020年03月31日 18:36
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。