2020年04月16日

JR紀勢本線のホームから碧い水平線が見える駅

移動中に「おっ、この駅!!」と目に入り、思わずブレーキを踏みました。
JR紀勢本線見老津駅01
駅舎から片側一車線の国道42号線を挟んで、すぐに下に太平洋の白波が打ち寄せます。
集落から離れて付近に人家も無く、駅前にバス停もありません。
JR紀勢本線見老津駅02
たまらずにホームに上がり、遙か遠くに見える碧い水平線を眺めました。
JR紀勢本線見老津駅03
初夏の快晴の朝。
ホームに黒髪の制服姿の女子高生でも立っていたら、間違い無くポスターになる駅です。

巻ヶ沢橋
茨城県南地域に木造建築で新築や増改築を検討されている皆様、
守谷市に開業して54年になる二代目木材商からの提案です。
ぜひご一読ください、けっして損はさせません。→→→

にほんブログ村 住まいブログ 国産材・地域材住宅へ
にほんブログ村 < 住まい < 国産材・地域材住宅 に参加中です!!
Please click over the icon once a day.
posted by 長風呂呑平 at 13:54| Comment(2) | 鉄道 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
初老の男ではダメでしょうかね。

「絵にならない!」たしかに…。
Posted by くぼとしお at 2020年04月16日 16:45
それも絶対に黒髪、今どきの茶髪ではダメ。
Posted by 長風呂呑平 at 2020年04月16日 17:24
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。