2020年05月13日

建売物件三棟は販売開始から五ヶ月が経過

久し振りに通り掛かったこちら市内好環境の建売物件三棟は、まったく人の気配が無くなりました。
販売開始から五ヶ月経過01
見慣れたハデなノボリ旗や万国旗などはすっかり取り払われて、販売価格を掲示した社名入りの看板もありません。もちろん玄関先の表札は見当たらず、雨戸の無い二階外窓からは屋内のクロス壁が垣間見えます。もうすぐ販売開始から六ヶ月、よそ様の物件とは言え気になります…。
販売開始から五ヶ月経過02
こうなっては来場客が無いと見込んでなりを潜めたか、または営業活動自粛の一環か…。
それでも狭い庭先に伸びた雑草くらい採ればいいのに…。

巻ヶ沢橋
茨城県南地域に木造建築で新築や増改築を検討されている皆様、
守谷市に開業して54年になる二代目木材商からの提案です。
ぜひご一読ください、けっして損はさせません。→→→

にほんブログ村 住まいブログ 国産材・地域材住宅へ
にほんブログ村 < 住まい < 国産材・地域材住宅 に参加中です!!
Please click over the icon once a day.
posted by 長風呂呑平 at 16:40| Comment(1) | 建築 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
雑草は想定外、費用が掛かることはやりません。
建売が売れなければ建物を撤去すればいいのでは?
それじゃあ建て売りにならないか…。ま、それはともかく
草は芽の出た小さいうちにとらないと厄介なんだよね。
余計なお世話だけど。
Posted by 久保敏雄 at 2020年05月14日 08:19
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。