2020年05月26日

遠くの親類より近くの他人

今日は市内で三人の同級生に会う。

ひとりは銀行の窓口カウンターで。透明のシートで仕切られた向こう側から、私を「長風呂様」と呼ぶ。今の彼女の立場からすれば、並んで給食を食べた昔のきかん坊もお客様。
white rose
二人目は調剤薬局で。処方箋を差し出していつもの内服薬を受け取る。会計時に「あいかわらず下が高いか」と鼻で笑われて、内心(なに言ってんだ、自分も高いくせに…)とつぶやく。

三人目は亡母の遺影の前で。だれからか今週末に納骨と聞いて、線香を手向けてくれた。

遠くの親類より近くの他人。この年齢になると間違いなく皆ありがたい。

巻ヶ沢橋
茨城県南地域に木造建築で新築や増改築を検討されている皆様、
守谷市に開業して54年になる二代目木材商からの提案です。
ぜひご一読ください、けっして損はさせません。→→→

にほんブログ村 住まいブログ 国産材・地域材住宅へ
にほんブログ村 < 住まい < 国産材・地域材住宅 に参加中です!!
Please click over the icon once a day.
posted by 長風呂呑平 at 17:27| Comment(1) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
あまり遠くない他人ですが、
当節のコロナで外出もままならず、
なんもお役に立てず申し訳ありません。
Posted by 久保敏雄 at 2020年05月27日 09:13
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。