2020年05月27日

一足先に届いた樹齢100年生の芳香

南紀串本から内装用に用意したヒノキのサンプルが届きました。
板の幅が17.0cmで厚さが15mmあります。
ヒノキ内装板
手に取ると製材直後とあってまだシットリ感が残ります。
今後約三ヶ月間の自然乾燥を経て、厚さを12mmに加工されて内装用材に使われます。
日置川産樹齢100年生超ヒノキ08
木裏に見えるアカミの色は、間違いなく典型的な紀州ヒノキのその色です。

包まれた段ボールを開封した途端にヒノキの芳香が放たれました。
ご覧のモニターからその香りをお届けできないのがとても残念です。

巻ヶ沢橋
茨城県南地域に木造建築で新築や増改築を検討されている皆様、
守谷市に開業して54年になる二代目木材商からの提案です。
ぜひご一読ください、けっして損はさせません。→→→

にほんブログ村 住まいブログ 国産材・地域材住宅へ
にほんブログ村 < 住まい < 国産材・地域材住宅 に参加中です!!
Please click over the icon once a day.
posted by 長風呂呑平 at 16:27| Comment(1) | 樹と木 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
脳みそが香りを憶えています。
あきらかにビニールクロスとは違うので、
ぜひこの差を若い人に知ってもらいたいです。
Posted by 久保敏雄 at 2020年05月28日 09:06
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。