2020年06月27日

黒羽須佐木の旭興

亡父の故郷から西へ峠を一つ越えた集落の、地元の人から「ここに造り酒屋さんがある」と教えてもらわなければ、おそらくだれもが通り過ぎてしまう細い街道沿いにあります。
店先に吊された杉の玉を見て、ようやく「あっ、酒屋さんだ」と気づかされるはずです。
旭興純米酒
須佐木地区から東に峠を越えた大子町には「家久長」、南の湯津上には「天鷹」と呼ばれるブランドに囲まれています。おそらく地元栃木県北地区にのみ流通されている銘柄で、間違っても県境を超えた茨城県や福島県、まして東京都内でそうたやすくお目に掛かることはありません。

育った家から峠を一つ越えて、ようやくたどり着く一番近い酒屋さん。遠い昔、故郷に戻った亡父がトラックの荷台に数本載せて帰り、夕餉の卓で黙って呑んでいたのを覚えています。

渡邉酒造株式会社  大田原市須佐木797-1

巻ヶ沢橋
茨城県南地域に木造建築で新築や増改築を検討されている皆様、
守谷市に開業して54年になる二代目木材商からの提案です。
ぜひご一読ください、けっして損はさせません。→→→

にほんブログ村 住まいブログ 国産材・地域材住宅へ
にほんブログ村 < 住まい < 国産材・地域材住宅 に参加中です!!
Please click over the icon once a day.
posted by 長風呂呑平 at 18:07| Comment(1) | My 食べログ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
さすがです、銘酒を探し当てる
嗅覚は特殊なものをお持ちです。
私は饅頭のにおいはわかるのですが……。
Posted by くぼとしお at 2020年06月27日 20:22
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。