2020年07月08日

摩訶不思議な業者登録制度

毎年この時期になると、業界団体から木材業者登録更新の案内が届く。
我々木材業者には建築業者や不動産業者のような有資格制度は無く、ある程度の知識と経験、そして資金を持ち合わせていれば誰でもその日から開業できる。つまりそう難しい職業ではない。
貝塚さんからもらった花
世間様には周知されていないが、木材を業として扱う事業者は行政県への届け出が必要らしく、地元同業者組合を通じて登録料と組合費を支払うことになる。
弊店の場合は地元同業者組合へ17,000円/年間の組合費、県への業者登録料が25,000円/二年間を、地元組合の役員さんへ一括に現金で支払う。銀行振り込みを希望したところ、口座が無いそうだ。

ところが、この登録料を支払わなくても木材商としての商売は可能で、仕入れ先の製品市場から製材品の仕入れを拒否されることもなく、いままで顧客になる地元建築業者や建て主さんから業者登録の有無を問われたことは一度も無い。毎年の税務申告にも、五年に一度の国勢調査にも、市で行う定期健康診断の問診票にも、業者登録を記載する欄は一切無い。
過去に県の担当課からの問い合わせは一度も無く、恥ずかしながらその担当課の名称がわからない。

まとめ役になる県の業界団体からは、会報の一枚も送られたことは見たことが無い。
一年に一度、木材消費啓蒙用の「それらしい」ポスターが一枚郵送されるが、届いた木材業者の事務所内に貼ったところでなんの効果があるのかわからない。
いつだったか、弊店のポストに郵便局のご不在連絡票が入っていたところ、翌日に地元郵便局に出掛けて品物を受け取ってみるとそのポスター一枚だった。これにはさすがにビックリした。
つづく

巻ヶ沢橋
茨城県南地域に木造建築で新築や増改築を検討されている皆様、
守谷市に開業して54年になる二代目木材商からの提案です。
ぜひご一読ください、けっして損はさせません。→→→

にほんブログ村 住まいブログ 国産材・地域材住宅へ
にほんブログ村 < 住まい < 国産材・地域材住宅 に参加中です!!
Please click over the icon once a day.
posted by 長風呂呑平 at 18:24| Comment(0) | 樹と木 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。