2020年07月21日

左党には堪えられない初夏の一品

鮎釣りが解禁になって七月に入ると、那珂川に沿う旧黒羽町内や旧小川町内にある鮎販売所の店頭に並びます。ラベルには「鮎うるか」と書かれますが、要するに鮎の塩辛です。

かなり以前から目につくようになっても、この「うるか」と呼ばれるいわれはよくわかりません。
鮎うるか
間違っても健康食品ではありません。特に中高年にとっては生活習慣病の元凶となる食品で、弊宅家人などは買ってくる度に顔をしかめます。しかも昨年の同量品と比べて100円値上がりしました。

わかっているんですよ。でもね、うまいんだなこれが。

巻ヶ沢橋
茨城県南地域に木造建築で新築や増改築を検討されている皆様、
守谷市に開業して54年になる二代目木材商からの提案です。
ぜひご一読ください、けっして損はさせません。→→→

にほんブログ村 住まいブログ 国産材・地域材住宅へ
にほんブログ村 < 住まい < 国産材・地域材住宅 に参加中です!!
Please click over the icon once a day.
posted by 長風呂呑平 at 17:09| Comment(2) | My 食べログ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
うまいもんをとるか、長寿をとるか…。
私も前者かな?
でも、いざその時になると
「もうちょっと生きたかった」なんだろうな。
Posted by 久保敏雄 at 2020年07月22日 08:15
心にいる悪魔が耳元でささやくんですよ、
「おい、死んだら食えないぞ」って。
Posted by 長風呂呑平 at 2020年07月22日 08:52
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。