2020年08月28日

炎天下で屋根も無く木陰も無く

玄関前駐車場の改修工事です、玄関に至るまでの小さな階段を作ります。
炎天下の中でセメントをこね、日に照らされてそれが乾かないまでが勝負です。
玄関前の改修工事01
一服する10時と15時のお茶もお昼の弁当も、このセメントの乾き具合が優先します。
玄関前の改修工事02
日を遮る屋根は無く、緑の葉が茂る木陰もありません。
同じ屋外の作業者同士、仕事とは言えお互いに体調には注意しましょう。

巻ヶ沢橋
茨城県南地域に木造建築で新築や増改築を検討されている皆様、
守谷市に開業して54年になる二代目木材商からの提案です。
ぜひご一読ください、けっして損はさせません。→→→

にほんブログ村 住まいブログ 国産材・地域材住宅へ
にほんブログ村 < 住まい < 国産材・地域材住宅 に参加中です!!
Please click over the icon once a day.
posted by 長風呂呑平 at 17:36| Comment(1) | 建築 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
この「耐える力」にはただただ敬服します。
Posted by 久保敏雄 at 2020年08月31日 09:03
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。