2020年09月19日

白い煙の少ない秋の彼岸入り

朝から霧のような細かい雨が降ったり止んだり。
ここ下総の彼岸入りは、低い鉛色の雲が広がった空模様です。

なんでも世間様は四連休とかで、ラジオの交通情報はいつもの聞き慣れた渋滞箇所が流れます。はてさて行楽地に向かうのか帰省の墓参か、行く当ての無い貧しい木材商には縁が無い情報です。
彼岸花
弊宅では初の彼岸です。昼過ぎから降雨との天気予報を信じて、午前中早めに墓参を済ませます。向かうと墓園内はけっこうな混雑で、そう広くない駐車場を確保するのに難儀しました。

諸事情から煙の出にくい線香が主流の昨今、以前のように白く煙る墓石は希になりました。

巻ヶ沢橋
茨城県南地域に木造建築で新築や増改築を検討されている皆様、
守谷市に開業して54年になる二代目木材商からの提案です。
ぜひご一読ください、けっして損はさせません。→→→

にほんブログ村 住まいブログ 国産材・地域材住宅へ
にほんブログ村 < 住まい < 国産材・地域材住宅 に参加中です!!
Please click over the icon once a day.
posted by 長風呂呑平 at 15:33| Comment(1) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
お線香にも時代の流れがあるんですね。
Posted by くぼとしお at 2020年09月19日 19:50
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。