2020年10月27日

材木屋の思いが一から詰まったヒノキの梁

現在の住宅建築で使用される梁桁材は、残念ながら集成材やベイマツの人工乾燥材が主流になってしまいました。我々木材小売業者を初めとして建築設計事務所など、流通の末端で木材を扱う建築業者の多くは、もはや梁材はそれが当たり前で他に選択の余地は無いような姿勢を見受けます。

今回のヒノキ製梁の選択は、それら工業製品に変わる国産材使用を考えての結果でした。
ヒノキ製梁材
すでに五十路の坂を転がる市井一介の木材商として。
生産地での原木の確認、100年生超の高樹齢材、加工時に減少する歩留まりを見越した製材寸法。
じゅうぶんな自然乾燥期間から追った納期、そして納品時の曲がりを取った二度挽きの製材。
ヒノキ製梁材
国産ヒノキ材の市場価格がここで下がった現在、ヒノキ製梁の使用はそう困難な選択ではありません。建て主さんにとっては、構造躯体の耐久性と加工精度が格段に向上します。
さらにヒノキの経年強度は、集成材使用物件の初期強度など足下にも及びません。
日置川産樹齢100年生超ヒノキ08
稲生商店さん、上着と手袋に付いたヒノキの香りが離れません。
わずかな数量ではありましたが半年間に渡りお世話になりました。

巻ヶ沢橋
茨城県南地域に木造建築で新築や増改築を検討されている皆様、
守谷市に開業して54年になる二代目木材商からの提案です。
ぜひご一読ください、けっして損はさせません。→→→

にほんブログ村 住まいブログ 国産材・地域材住宅へ
にほんブログ村 < 住まい < 国産材・地域材住宅 に参加中です!!
Please click over the icon once a day.
posted by 長風呂呑平 at 16:53| Comment(2) | 樹と木 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
やる気になりゃあできるんだよね、こういう建物。
まず提案者が頭を切り換えなきゃって思います。
それができる貴殿はすばらしい。
同意できる建て主さんもすばらしい。
Posted by kubo toshio at 2020年10月27日 17:23
そんなに難しくはありません、だれにだってできます。
チョットだけ「やってみっか…」と思えばことが足ります。
Posted by 長風呂呑平 at 2020年10月28日 08:30
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。