2020年10月29日

秋空の彼方に去って行った福沢諭吉さん

仮に「秋青」と名が付く絵の具があれば、今日広がった空の色に使われる気がします。
秋晴れの朝に思う
遡って昨夜不覚にも発熱があり、のどに強く痛みを覚えました。さすがに春からの喧噪を自覚する五十路としては、今朝になって慌ててかかりつけ医院の玄関に駆け込みました。
幸いにも大事に至らず、「どこかでやっかいなウィルスでも拾ったんだろ」との見立てでした。

それでも診察と検査と投薬で、かの福沢諭吉さんひとりでは足りませんでした。喉の痛みと同等に、月末になった財布の中が堪えます。時節柄、皆様くれぐれもご自愛ください。

巻ヶ沢橋
茨城県南地域に木造建築で新築や増改築を検討されている皆様、
守谷市に開業して54年になる二代目木材商からの提案です。
ぜひご一読ください、けっして損はさせません。→→→

にほんブログ村 住まいブログ 国産材・地域材住宅へ
にほんブログ村 < 住まい < 国産材・地域材住宅 に参加中です!!
Please click over the icon once a day.
posted by 長風呂呑平 at 17:16| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。