2020年11月13日

ベース打設から中一日で布基礎打設

本日12時40分の弊宅徒歩10分です。布基礎の立ち上がり型枠が組まれ、コンクリートの打設が行われていました。作業人員は五名、内一名はミキサー車の運転手さんです。
布基礎コンクリート打設
基礎工事開始から五日目の正午、ベース打設から中一日を置いて布基礎部分の打設です。
このところの好天続きに恵まれているとは言うものの、とにかく工程が早い。
業界内には古くから「養生一週間」との言葉がありますが、今はもう昔……。

巻ヶ沢橋
茨城県南地域に木造建築で新築や増改築を検討されている皆様、
守谷市に開業して54年になる二代目木材商からの提案です。
ぜひご一読ください、けっして損はさせません。→→→

にほんブログ村 住まいブログ 国産材・地域材住宅へ
にほんブログ村 < 住まい < 国産材・地域材住宅 に参加中です!!
Please click over the icon once a day.
posted by 長風呂呑平 at 17:34| Comment(3) | 建築 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
どのような影響があるのか気になります。
しっかりとした家を建ててほしいですね。
Posted by うらやまし at 2020年11月13日 17:54
うらやましさん、コメントをありがとうございます。

コンクリートの強度は、打設時の気温と養生期間に大きく左右されます。
工期に追われてそれを軽視する工法に、
疑問を持つのは私だけでは無いはずです。
Posted by 長風呂呑平 at 2020年11月14日 14:34
そんなことに気が付く建て主さんはまずいません。
だって完成したところしか見ていないんですから。
不利になる情報は出さない、言わない、しゃべらせない。
Posted by くぼとしお at 2020年11月16日 11:51
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。