2020年12月02日

上棟後三日目の静かな現場

ここ下総は朝から小雨がぱらつき、鉛色の厚い雲は割れそうにありません。
これがこの時季らしい寒さかと、そうか師走に入った…と気がつく一日です。

本日02日、お昼休み明け直後の弊宅西側徒歩10分です。
作業する大工さんは二名、この二名が当物件の正式担当班だと思います。
上棟後三日目
二階の屋根はルーフィングで覆われ、瓦桟(かわらざん)らしき部材が打ち付けてあります。これでとりあえずは上からの雨水浸入は防げます、今夕からのまとまった降雨もまずは一安心かと。
一見すると、二階東南面の仮設足場の設置を待っているのか、まだ二階一部の仮筋違(かりすじかい)は外されません。足場が架かって防塵シートで覆われると工程がわかりませんし…。

日中のここは郵便屋さんと宅配業者の車両くらいしか通らない、市街地からはかなり奥まった場所になります。物件からは大工さんが木材の端材を切り落とす音は聞こえません。
ご近所さんや通りすがりの消費者で無くとも、静かできれいな現場に感じます。

画像枠外で大工さん二名の内どちらかは、トヨタのプリウスで現場通勤されています。

巻ヶ沢橋
茨城県南地域に木造建築で新築や増改築を検討されている皆様、
守谷市に開業して54年になる二代目木材商からの提案です。
ぜひご一読ください、けっして損はさせません。→→→

にほんブログ村 住まいブログ 国産材・地域材住宅へ
にほんブログ村 < 住まい < 国産材・地域材住宅 に参加中です!!
Please click over the icon once a day.
posted by 長風呂呑平 at 16:58| Comment(1) | 建築 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
プリウス通勤ですか…、途中で会ってもわからないですね。
時代は変わりました、変わらないのは私の頭ぐらいです。
Posted by くぼとしお at 2020年12月03日 09:08
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。