2021年01月24日

溜まった雨水はそのままで明日は上棟

昨日終日降り続いた冷たい雨もお昼には上がり、西の空に広がる雲が割れてきました。

弊宅西側徒歩10分の北側物件には脚立と足場板が運び込まれました。
幸いにも明日の天候は回復するようで、予定どおり上棟作業になるのでしょう。
明日は上棟02
明日は上棟01
北風にシートがめくれて、下地合板が濡れているのがわかります。予想どおりブルーシートの上に溜まった雨水はそのままです。明朝は間違いなく、だれもなんのためらいも無く工事が始まります。

一方の南側物件は建物駆体の工事は終わったようです。
改めてこの会社の施工物件にしては落ち着いた外観に仕上がりました。
八週間目で竣工
明日北側の上棟終了を待って外構工事が予定されるのでしょう。
上棟から年末年始を挟んで八週間目、とりあえずは無事の竣工おめでとうございます。

巻ヶ沢橋
茨城県南地域に木造建築で新築や増改築を検討されている皆様、
守谷市に開業して54年になる二代目木材商からの提案です。
ぜひご一読ください、けっして損はさせません。→→→

にほんブログ村 住まいブログ 国産材・地域材住宅へ
にほんブログ村 < 住まい < 国産材・地域材住宅 に参加中です!!
Please click over the icon once a day.
posted by 長風呂呑平 at 14:40| Comment(1) | 建築 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
無事かどうかはファイバースコープで見てみないとわからないと思います。
雨は少なかったものの床下にはお化けがいると思います。
Posted by kubo toshio at 2021年01月24日 20:42
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。