2021年02月07日

守谷市「野鳥のみち」駐車場案内表示の考察

この数年好天の週末になると、弊宅の周囲をウロウロさまよう他県ナンバーの乗用車が多い。

いや他県ナンバーに限らず県内ナンバーの車も同様で、これらは間違いなく守谷市「野鳥のみち駐車場」を探している車だ。昨日も栃木県ナンバーのハイブリッド車がまさにその様子で、見ていると町内某私事業所の駐車場に入って降車した。その身なり服装から「ははぁ、これは…」と察して声を掛けると、やはり案の定「野鳥のみちの駐車場がわからない」と言う。
私が「どちらからお越しで?」と問うと、細君が「小山市からです」と恐縮して笑う。

これは駅前ロータリにある案内表示。鉄道利用の来訪者に駐車場は不要だ。
常総線南守谷駅前
下は市立愛宕中学校前にある案内表示。「野鳥のみち」来訪者のほとんどはこれを見落す。
市立愛宕中学校前01
中学校正門前に案内板があります、と差すと、だれもが決まって「気がつかなかった」と答える。
市立愛宕中学校前02
駐車場は愛宕中学校正門前を左折して坂を下り、二股に分かれた右側の中学校敷地フェンス沿い。
野鳥のみち駐車場
時折画像ミラーの下に、多数縦列駐車している来訪者のものと思える乗用車を見受ける。
守谷市担当者に駐車場案内板の設置場所、もしくは設置方法の再考を求めたい。

巻ヶ沢橋
茨城県南地域に木造建築で新築や増改築を検討されている皆様、
守谷市に開業して54年になる二代目木材商からの提案です。
ぜひご一読ください、けっして損はさせません。→→→

にほんブログ村 住まいブログ 国産材・地域材住宅へ
にほんブログ村 < 住まい < 国産材・地域材住宅 に参加中です!!
Please click over the icon once a day.
posted by 長風呂呑平 at 15:44| Comment(1) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
まさに現場を知らない…のひとことですね。
現地に立ってどこならわかりやすいかを
検地していなかったのでしょう。
Posted by くぼとしお at 2021年02月07日 21:16
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。