2021年03月03日

強い風が収まった青空の下で

今日は令和三年三月三日、三連単三敗のひな祭りです。

昨日終日吹き荒れた南風も収まり、朝から冬の高い青空が広がりました。
この天気で大工さんも屋根に上がり、一階屋根下地の施工が続いています。
一階屋根下地の施工
一階床上に高く積まれてあった下地材はすでに無くなり、筋違いや間柱、窓台が入っていました。
しかし昨日の強風で横殴りの雨が屋内へ吹き込み、一階床に雨水が入ってしまいました。
建て主さん、もう一歩というところで残念でした。

かたや80m離れた木材店は、仕入れたスギの三寸貫(さんずんぬき)を立てる作業に追われました。
スギシラタの三寸貫
見た目にシラタのこの製品、五枚で一束としても水分をたっぷり含んで肩と腰に実に重い。若かりし時代には十枚一束でもそうは感じなかったものの、これも加齢によるところかと涙が出ます。

巻ヶ沢橋
茨城県南地域に木造建築で新築や増改築を検討されている皆様、
守谷市に開業して54年になる二代目木材商からの提案です。
ぜひご一読ください、けっして損はさせません。→→→

にほんブログ村 住まいブログ 国産材・地域材住宅へ
にほんブログ村 < 住まい < 国産材・地域材住宅 に参加中です!!
Please click over the icon once a day.
posted by 長風呂呑平 at 17:56| Comment(1) | 建築 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
今は5枚入りですか…、時代が変わりました。
Posted by kubo toshio at 2021年03月04日 16:24
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。