2021年05月26日

今どきの材木屋が日常取り扱うごくありふれた工業製品

築後20年を経た在来木造住宅で、二階子供部屋二間の床材張り替えの依頼です。
合板製で厚さは12mm、表面はキズが付きにくいハードコート加工の製品です。
東洋テックスフロアAA15
二階という場所柄、床下からの湿気対策を考慮する必要は無く、依頼主さんは在宅中ですから早期の施工期間も必要です。子供部屋と言ってもその主は中学生らしく、あと数年もすれば空き部屋になる可能性も含みます。一般的に多くの場合はおそらく「二階納戸」に変わります。

流通も容易で施工は早く価格は安く、とりあえずは見た目にキレイ。色柄も多種多様で選択肢も豊富、さらにはキズも付きにくい。これで市場に広まらない理由は皆目見当たりません。

巻ヶ沢橋
茨城県南地域に木造建築で新築や増改築を検討されている皆様、
守谷市に開業して54年になる二代目木材商からの提案です。
ぜひご一読ください、けっして損はさせません。→→→

にほんブログ村 住まいブログ 国産材・地域材住宅へ
にほんブログ村 < 住まい < 国産材・地域材住宅 に参加中です!!
Please click over the icon once a day.
posted by 長風呂呑平 at 17:37| Comment(2) | 建築 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
たしかにキズはつきにくいですが、こういう建材は心身が傷つきます。十分なるご説明を…。
Posted by くぼとしお at 2021年05月26日 19:18
努力はしましたが最後はやはりご予算でして…。
Posted by 長風呂呑平 at 2021年05月27日 08:04
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。