2021年07月03日

午前中降雨の中を土台の設置

夜半からお昼前まで強い雨振りでした。弊宅西側徒歩05分では若い大工さんがひとり、夕刻の早い時間に土台(どだい)と大引き(おおびき)の設置が終わりました。
土台と大引きの設置
土台はいつもの人工乾燥ヒノキ材、大引きも代わらずベイマツが使われています。今日は床下断熱材を支える金物の設置までで作業は終わりました。それにしてもこのベイマツ、高いんだろうな…。
土台と大引き01
土台と大引き02
すでにこの段階で玄関部分の基礎立ち上がり内側に、発泡系の断熱材が入れてあります。
まだコンクリート基礎内部には雨水が溜まっていて、明日の予報は朝から終日の降雨です。

巻ヶ沢橋
茨城県南地域に木造建築で新築や増改築を検討されている皆様、
守谷市に開業して54年になる二代目木材商からの提案です。
ぜひご一読ください、けっして損はさせません。→→→

にほんブログ村 住まいブログ 国産材・地域材住宅へ
にほんブログ村 < 住まい < 国産材・地域材住宅 に参加中です!!
Please click over the icon once a day.
posted by 長風呂呑平 at 18:02| Comment(2) | 建築 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
この雨水を誰が処理するんでしょうかね。
きっとこのままなんでしょうね。
ご愁傷様です。
Posted by くぼとしお at 2021年07月04日 09:03
今日一日降り続いて
明日はなにごとも無かったように断熱材が敷き込まれ、
その日のうちに一階床下地合板が張られますよ。
そうすればだれの目にもわかりませんから。
Posted by 長風呂呑平 at 2021年07月04日 10:02
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。