2021年07月06日

小雨が舞う中を一階床下断熱材の敷き込み

ここ下総の午前中の早い時間は弱い雨が降りました。その小雨が舞う中、08時30分の現場では物件を担当されている大工さんがひとり、一階床下に黄色い断熱材を敷き込めていました。
やはり先日掲載しました線路沿いの物件と同様、あの黄色いグラスウール(GW)でした。
断熱材の敷き込み01
一見してなにかで留め置きしている様子は無く、単に大引き(おおびき)の間に敷き詰めているように見えました。あの金具に掛かるように置いているだけなのでしょう。なお気になる基礎内部に溜まっていた雨水は、敷地内も道路面にも排水した形跡は見当たりません。
断熱材の敷き込み02
そして正午過ぎ、今日の予定作業を終了したのか大工さんの姿はありません。
床下地合板の養生
いつものように床下地合板が張られて、全面がブルーシートで覆われています。わずか半日に満たない作業でした、もうこれでだれも一階床下を目視することはできなくなりました。

敷地内に積み置かれたGWの端材です、厚さを測ってみると90mmありました。おそらく大引きの高さと同じなのでしょう。手で触ってみると、板状ではありますが指でこするとほぐれます。
断熱材の端材
梅雨も終盤に入り今週は長雨、今夜から明日午前中に掛けても降雨の予報です。
明日朝には構造材が運び込まれて、なにごとも無かったかのように上棟が行われるのでしょう。

この黄色いGWを目にするのは今回で二度目ですが、実にすごい。とても私にはできません。

巻ヶ沢橋
茨城県南地域に木造建築で新築や増改築を検討されている皆様、
守谷市に開業して54年になる二代目木材商からの提案です。
ぜひご一読ください、けっして損はさせません。→→→

にほんブログ村 住まいブログ 国産材・地域材住宅へ
にほんブログ村 < 住まい < 国産材・地域材住宅 に参加中です!!
Please click over the icon once a day.
posted by 長風呂呑平 at 15:40| Comment(2) | 建築 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
見たところ、大きな一枚ものではなさそうです。ということは継ぎ目がしっかりしていないとますます中へ入っていってしまいます。そうはいっても床下の水はそのままですから、シートの意味もないでしょう。あぁ、なんという工事なのか。
Posted by 久保敏雄 at 2021年07月06日 20:06
見た目にキレイであれば良し!!、とする良い実例です。
Posted by 長風呂呑平 at 2021年07月07日 07:09
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。