2021年11月28日

人と時間と天気によって異なるもの

現在弊宅では外壁の再塗装が行われています。この色彩は家人に依頼しました。
塗装屋さんに「この色はなに色?」と尋ねると、「これはグレーですね」との返答です。
外壁の再塗装施工中
その後数日は「へぇ、そうかなぁ…」と、どこか怪訝に思えました。工事前にたしか家人には「希望は薄い紺色」と伝えたはずです。そして数日後、その疑問が晴れました。
好天時に陽が差すと「薄い紺色」に、曇天で陽が陰るとグレーに見えます。

多くの塗装屋さんは、外壁塗装のクレームで依頼主さんから最も多いのが、この「頼んだ色と違う」と指摘されることだと言われます。なるほどぉ、それもうなずけます。色彩とは難しいものです。
スマホで撮った写真の画像では、なおさらそれ以上に誤解を招くだろうし。

巻ヶ沢橋
茨城県南地域に木造建築で新築や増改築を検討されている皆様、
守谷市に開業して54年になる二代目木材商からの提案です。
ぜひご一読ください、けっして損はさせません。→→→

にほんブログ村 住まいブログ 国産材・地域材住宅へ
にほんブログ村 < 住まい < 国産材・地域材住宅 に参加中です!!
Please click over the icon once a day.
posted by 長風呂呑平 at 18:30| Comment(1) | 建築 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
なるほど、頼んだイメージと違うと
言われるのが一番怖いですね。
家人ならなおさらに…(笑)。
Posted by kubo toshio at 2021年11月29日 13:16
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。