2012年06月27日

小林さんちの家造り Vol.100

さてこの「小林さんちの家造り」も、お陰さまで掲載100回を迎えました。

工程もいよいよ最終章、竣工引き渡しまで残りわずかになりました。その記念すべき100回目は材木屋らしく、建具屋さんの作業場に玄関格子引戸の制作工程を訪ねました。
製材
ここに使う素材は、弊店倉庫に長く静かに眠っていた青森ヒバの柾目板。
さすが青森ヒバ、こうして鋸目を入れた瞬間に、あの独特の芳香が作業場の周囲を包みました。この時、隣室でお茶を飲んでいたご近所さんが「アラッ、いいにおい」。これだけ通信技術が進歩しても、残念ながらこのサイトで香りをお伝えすることができません。
製材

木採り
こうした高樹齢材を使って建具屋さんに制作を依頼しても、ちょっとコジャレた高性能断熱アルミサッシと同等、モノによっては安価に制作できます。世間の多くの木材店には悲しいかな、このような素材が世に出ることなく静かに眠っています。
削り
ようやく嫁に出せた申し分なしの天然乾燥高樹齢国産材。
建具屋さんの手によってその姿を変えて、来週早々には玄関に取り付けられます。
posted by 長風呂呑平 at 15:10| Comment(0) | TrackBack(0) | 小林さんちの家造り | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年06月26日

小林さんちの家造り Vol.99

コンクリートテラス
梅雨の晴れ間に恵まれた今日午前、建物南側にコンクリートが打設されました。
posted by 長風呂呑平 at 16:58| Comment(0) | TrackBack(0) | 小林さんちの家造り | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年06月25日

小林さんちの家造り Vol.98

コンクリートテラスの準備
建物南側の整地が行われます。
posted by 長風呂呑平 at 17:29| Comment(0) | TrackBack(0) | 小林さんちの家造り | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年06月21日

小林さんちの家造り Vol.97

左官ライブの追加公演がありました、玄関タイルの下地です。磁器タイルを貼るための下地になるモルタルを、三つの木コテで均します。定規を使って勾配を見ながら、叩いて締め、そして均します。
タイル下地の施工
こうしてみると、改めていかに下地造りが重要かが痛切にわかります。目に見える仕上がりだけが重要視される現在の住宅建築で、残念ながら最も欠如している部分だと思います。
タイル下地の施工
下地の仕上げはごらんのとおり、ここにタイルを貼るのがもったいない…。
posted by 長風呂呑平 at 08:12| Comment(2) | TrackBack(0) | 小林さんちの家造り | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年06月19日

小林さんちの家造り Vol.96

この物件の左官工事最後の壁塗り、左官ライブの終演です。
室内に足場を掛けて先に塗った桁より上部は、このところの天候でごらんのように乾き始めました。この最後の部分が乾燥するのに、さらに一週間を要します。
左官工事、最後の塗り
昨年の11月初旬から左官工事が始まって以来、乾燥養生のために工事途中で中断されたものの半年間。今こうして終わってみると、さすがに寂しく感じます…。
そして今後このような工程を目にすることは、極めて難しいことになるでしょう…。

壁塗師  岡村富雄(おかむらとみお)  石岡市柿岡3658-13  TEL:0299(43)6314
posted by 長風呂呑平 at 08:17| Comment(1) | TrackBack(0) | 小林さんちの家造り | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年06月16日

小林さんちの家造り Vol.95

戸袋と雨戸の取り付け
外窓アルミサッシの戸袋と雨戸が取り付けられました。
posted by 長風呂呑平 at 08:16| Comment(0) | TrackBack(0) | 小林さんちの家造り | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年06月15日

小林さんちの家造り Vol.94

中塗りが再開
左官工事の中塗りが再開されました。このところの天候で壁の乾きが進みました。
しかし梅雨入り…。しばらくの間天気とうまく付き合い、気を緩めないようにしましょう。
posted by 長風呂呑平 at 08:13| Comment(0) | TrackBack(0) | 小林さんちの家造り | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする