2020年04月02日

サクラを散らした西風が運んだ冷たい知らせ

朝から冷たい北西の風が強く吹き荒れた一日でした。

取引先製品市場で、今月四月中の競り立ち会いが全市場で中止になりました。
今後の再開についても情勢を見極めるなど、その文面には含みが読み取れます。
ソメイヨシノ
日頃立ち会いに足を運ばなくなった弊店でも、この知らせにはさすがにへこみます。
明るい話題にまったく触れることができない四月の入りです。

巻ヶ沢橋
茨城県南地域に木造建築で新築や増改築を検討されている皆様、
守谷市に開業して54年になる二代目木材商からの提案です。
ぜひご一読ください、けっして損はさせません。→→→

にほんブログ村 住まいブログ 国産材・地域材住宅へ
にほんブログ村 < 住まい < 国産材・地域材住宅 に参加中です!!
Please click over the icon once a day.
posted by 長風呂呑平 at 18:00| Comment(0) | 樹と木 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年04月01日

捨てなくて良かったヒノキの考察

如月四月の入りは冷たい雨の一日になりました。

大工さんに削ってもらったヒノキ製梁材の中で、干割れが入っていないヒノキが数本ありました。
割れのあるなし
画像の並べた二本を比べると、右側の梁背が低いヒノキには両面とも割れが入っていません。

そう、年輪を見比べると明らかに育ちが違います。
ダメモトでモノは試し、今回はこのクラスのヒノキを選んでみます。

巻ヶ沢橋
茨城県南地域に木造建築で新築や増改築を検討されている皆様、
守谷市に開業して54年になる二代目木材商からの提案です。
ぜひご一読ください、けっして損はさせません。→→→

にほんブログ村 住まいブログ 国産材・地域材住宅へ
にほんブログ村 < 住まい < 国産材・地域材住宅 に参加中です!!
Please click over the icon once a day.
posted by 長風呂呑平 at 15:01| Comment(1) | 樹と木 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年03月31日

捨てなくて良かったヒノキの端材

弊店が約二年前に市内で手掛けました、静岡県産樹齢80年生天竜ヒノキの端材です。
製材後に約三ヶ月間の自然乾燥を経て、住宅の構造材である「梁(はり)」に使われた端材です。
工事終了時に廃棄処分されるところ、生まれついての貧しい木材商は「これはもったいない…」と涙を流し、その多くの端材を倉庫内奥に保管しておきました。
樹齢80年生天竜ヒノキ01
上の画像左から二丁が梁背30.0cm、右端が梁背24.0cmのヒノキです。
その当時の物件は居室内に天井材を施工したため、建物完成後にこのヒノキ製梁材は以来人目に付くこと無く隠れてしまいました。そこで今回検討されている物件では、せっかく使われるこの高樹齢ヒノキ製梁材を、見せる(見える)構造にできないかと考慮中です。

この件を大工さんに相談すると、「大工としては「干割れ」が気になるが、建て主さんに説明して理解してもらえれば用材選択に反対する理由は無い」と言われます。
樹齢80年生天竜ヒノキ02
製材後の乾燥途中、木材繊維の収縮過程で起きるこの干割れ。これが多くの消費者からは木材の欠点として認識(誤解)され、見える構造材としてはどうしても敬遠されがちです。

しかし、その家に住まわれる建て主さんに正確に説明して「私たちは割れても気にならない」と理解されれば、構造材としてこれ以上はない樹材です。そこで大工さんに表面に付いた日焼けとホコリを削ってもらい、次回建て主さんとの打ち合わせに検討材料として持参することにしました。

乾燥後二年を経ても、削った途端にあのヒノキの芳香が周囲に漂います。
今回は樹齢100年生超、いよいよ木材商らしい記事になってきました。

巻ヶ沢橋
茨城県南地域に木造建築で新築や増改築を検討されている皆様、
守谷市に開業して54年になる二代目木材商からの提案です。
ぜひご一読ください、けっして損はさせません。→→→

にほんブログ村 住まいブログ 国産材・地域材住宅へ
にほんブログ村 < 住まい < 国産材・地域材住宅 に参加中です!!
Please click over the icon once a day.
posted by 長風呂呑平 at 17:11| Comment(1) | 樹と木 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年03月27日

あれから六年振りの再訪予定

>>>>>>>
ヒノキが入荷しましたので画像を送らせていただきます。
和歌山日置川(ひきがわ)産樹齢120年生のヒノキです。
家と工場で大騒ぎ
ヒノキと一緒に写っていますのは姫路に住む孫です。
学校も幼稚園も休校なので、早々に長女が男孫三人を連れて帰ってきており大騒ぎしています。
>>>>>>>
日置川産120年生ヒノキ
私事来月早々、この彼とヒノキに会いに出掛けることになりました。
約六年振りの再訪です、久し振りに木材商らしい記事が掲載できそうです。

巻ヶ沢橋
茨城県南地域に木造建築で新築や増改築を検討されている皆様、
守谷市に開業して54年になる二代目木材商からの提案です。
ぜひご一読ください、けっして損はさせません。→→→

にほんブログ村 住まいブログ 国産材・地域材住宅へ
にほんブログ村 < 住まい < 国産材・地域材住宅 に参加中です!!
Please click over the icon once a day.
posted by 長風呂呑平 at 16:50| Comment(1) | 樹と木 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年03月26日

今年のサクラ2020_けやき台公園

# 市内けやき台公園
けやき台公園01
けやき台公園02
こちらも例年より人影がまばらでした。

巻ヶ沢橋
茨城県南地域に木造建築で新築や増改築を検討されている皆様、
守谷市に開業して54年になる二代目木材商からの提案です。
ぜひご一読ください、けっして損はさせません。→→→

にほんブログ村 住まいブログ 国産材・地域材住宅へ
にほんブログ村 < 住まい < 国産材・地域材住宅 に参加中です!!
Please click over the icon once a day.
posted by 長風呂呑平 at 14:29| Comment(1) | 樹と木 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年03月25日

今年のサクラ2020_市立けやき台中学校

# 市立けやき台中学校正門通り
けやき台中学校正門通り
# 市立けやき台中学校脇遊歩道
けやき台中学校脇遊歩道
# 市立愛宕中学校正門前
愛宕中学校正門前
賑やかな子どもたちに見られることの無い、ちょっと寂しいサクラです。

巻ヶ沢橋
茨城県南地域に木造建築で新築や増改築を検討されている皆様、
守谷市に開業して54年になる二代目木材商からの提案です。
ぜひご一読ください、けっして損はさせません。→→→

にほんブログ村 住まいブログ 国産材・地域材住宅へ
にほんブログ村 < 住まい < 国産材・地域材住宅 に参加中です!!
Please click over the icon once a day.
posted by 長風呂呑平 at 15:20| Comment(0) | 樹と木 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年03月23日

スギを立てて乾かして一週間

スギの厚さ12mmの板を立て乾かして一週間が経ちました。その間に弱い降雨が一日あり、屋根の下に取り込みました。その意味では家庭で行う日々の洗濯物と同じ扱いです。
スギの野地板01
乾燥するに比例して板に収縮が始まり、近くに立つと板が「ピシッ、ピシッ」と小さく鳴きます。予想どおり立て始めてから幅が約05mm、板によっては07mm狭くなりました。
スギの野地板02
板が乾燥して収縮した結果です、割れが入りました。
板に割れ
フシが抜けました。
フシが抜ける
手にするとまだシットリと湿り気を感じます。水が切れるまで好天であと三日でしょう。

この製品だけを見て考えると、とても採算効率の悪い作業です。
さらにこの板の使用目的である屋根下地の野地板(のじいた)も、建築現場での作業性から合板にその位置を奪われて、かつては主役だったスギやヒノキの市場性は極めて少なくなりました。

それでも屋根瓦や板金製品など、屋根葺き材が毎日長年受ける過酷な諸条件を考えると、下地材としての耐久性は合板を使用するより確実に長期間向上すると確信します。

こうして建築資材に姿を変えたこのスギも、元を正せば山奥に立つ植物です。
陽に焼けて割れてもフシが抜けても、どこをどう切ってもスギの香りが漂います。

巻ヶ沢橋
茨城県南地域に木造建築で新築や増改築を検討されている皆様、
守谷市に開業して54年になる二代目木材商からの提案です。
ぜひご一読ください、けっして損はさせません。→→→

にほんブログ村 住まいブログ 国産材・地域材住宅へ
にほんブログ村 < 住まい < 国産材・地域材住宅 に参加中です!!
Please click over the icon once a day.
posted by 長風呂呑平 at 18:12| Comment(1) | 樹と木 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする