2018年10月18日

三代目宮師 (有)西口神具店さん

松阪駅から国道42号線を南へ車で約30分、玉城町の西口神具店さんを訪ねました。
私事の理由あって、西口さんの作業場と神具製品の展示室を拝見するための訪問です。
(有)西口神具店
お伺いした日が日曜日の午後ということもあり、せっかくの機会に制作中の工程を目にしたくもありましたが、広い作業場の中で静かに加工制作中の神具を拝見することができました。

# 神明宮の仮組屋根
神明宮
# 稲荷灯篭
稲荷灯篭
あいにくと画像にはありませんが、作業場の内外には天然木曽桧の半製品が桟を入れて保管されています。そのどれもが日頃私が目にする建築用の木曽桧より遙かに上質で、ていねいに神具用や建具材用に選別された用材であることがわかります。さらにこちらの西口さんでは、製品に加工する際にシラタ(辺材)は排除して、仕上がる神具にはすべてアカミ(芯材)の柾目材を使われます。

誠にお恥ずかしいことに、長い間このような用材と製品に触れていなかった下総の貧しい木材商としては、久し振りに驚きと興奮と羨望を覚えた時間になりました。
展示室へつづく

(有)西口神具店 三重県度会郡玉城町原3493-16 TEL:0596(58)7188

にほんブログ村 住まいブログ 国産材・地域材住宅へ
にほんブログ村 < 住まい < 国産材・地域材住宅 に参加中です!!
Please click over the icon once a day.
posted by 長風呂呑平 at 14:56| Comment(0) | 樹と木 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年10月10日

天高く馬肥ゆる秋に

県南地域の創業56年になる木材製品市場の閉鎖(廃業)を聞いた。
この年末に閉鎖するようで、所属する数社の問屋さんは存続されるそうだ。
秋空に柿
今夏に届いた決算書文中には、そんな文言はどこにも一言も見当たらない。

奇しくもこの連日、首都東京で食の市場の移転が大きく報道されている。
すったもんだあっても世間様から必要とされる業界であればそれで良し。

にほんブログ村 住まいブログ 国産材・地域材住宅へ
にほんブログ村 < 住まい < 国産材・地域材住宅 に参加中です!!
Please click over the icon once a day.
posted by 長風呂呑平 at 17:22| Comment(0) | 樹と木 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年10月02日

台風一過の秋空の下で

ここ最近、小サイトにスギやヒノキについての記事を掲載していない。
需要側からの問い合わせが無いのはわかるとしても、供給側からの情報提供も皆無に近い。
緑に赤く
相変わらずスギ下地材の手当てに苦労する状況は続き、それすら依頼しなければ順番が回ってこないようになった。ヒノキの下地材を勧めると「ヒノキは重いから」と即座に断られた。

参加しているランキングサイトのコンテンツ「国産材・地域材」に掲示されるサイト数も激減した。すでに「秋需」という言葉が死語になったが、この「地域材」も同様の扱いになった気がする。
情けないと同時に、恥ずかしい。

にほんブログ村 住まいブログ 国産材・地域材住宅へ
にほんブログ村 < 住まい < 国産材・地域材住宅 に参加中です!!
Please click over the icon once a day.
posted by 長風呂呑平 at 17:28| Comment(1) | 樹と木 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年09月18日

現場にある防腐処理した赤い下地材

先週末の弊店東側徒歩05分の現場は三連休でした。
まぁこの住宅地の中で休日休業は致し方ないでしょう。
現場は三連休
下の画像は敷地内に置かれていた下地材です。
一見して赤く見えるのは薬剤で防腐処理してある木材です。木材そのものが持つ色ではありません。着色されているので遠目にその樹材まではわかりませんが、おそらくスギだと思われます。
防腐処理した下地材
これがよくわかりません。なぜこのスギの下地材に、手間と時間とカネを掛けて防腐処理を施すのでしょう。言い換えれば、なぜ薬剤処理した下地材を使うのでしょう。
この下地材を使う箇所が、木材が腐敗しやすい原因になる直接的に雨水が掛かるとか、もしくは常時高い湿気が溜まるなどの現象は考えられません。仮にこの下地材に耐久性を持たせたいのであれば、スギからヒノキに変えるとか、もしくは部材を厚くするなど、その選択肢は他にあるはずです。

この防腐処理した下地材から揮発する薬剤の影響を、建築会社は建て主さんに正確に伝える作業をするでしょうか。万が一に、おそらく「国の基準を満たしている」と通り一遍の説明をしたとしても、私にはそれが万人に通用するとは到底思えません。

にほんブログ村 住まいブログ 国産材・地域材住宅へ
にほんブログ村 < 住まい < 国産材・地域材住宅 に参加中です!!
Please click over the icon once a day.
posted by 長風呂呑平 at 17:45| Comment(1) | 樹と木 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年08月21日

これじゃいけないと知りつつも

このところ当サイトで住宅建築の記事を掲載はしているものの、およそ木材や国産材を扱って造られた住宅ではありません。移動中の車窓や弊店近隣を見渡してみても、残念ながらスギやヒノキの香りが漂う建築現場に巡り会うことはできません。
ヒノキの平割
振り返ると需要者側からの問い合わせも無く、また木材供給側からの情報提供も希になりました。どうしても業者として扱いやすい(売りやすい)合板や建材類に軸足が偏り、問い合わせ先の誰もが「スギやヒノキは売れないから」と逃げ腰になってしまいます。専門業者として恥ずべき所業と理解しつつも、需要先の要求に応えなければ日々の生活が成り立ちません。

先日も懇意にしていた大工さんがまたひとり、高齢と需要減少を理由に廃業をささやきました。そして供給側の心ある製材所も、これまた慢性的な価格低迷によって閉鎖するとも聞きました。

以前であればこの時期は、お彼岸明けの秋需を控えて生産地状況などの情報が伝わりました。しかし最早「秋需」は死語になった今、今日も合板の動向だけが伝わります。

にほんブログ村 住まいブログ 国産材・地域材住宅へ
にほんブログ村 < 住まい < 国産材・地域材住宅 に参加中です!!
Please click over the icon once a day.
posted by 長風呂呑平 at 17:36| Comment(2) | 樹と木 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年04月02日

今日が見納めの花散らし

花散らしの南風が吹いた日曜日の午後、弊宅徒歩圏の公園です。
けやき台公園2018
けやき台公園2018
それとなく目を配ると、どの席にもアルコールがありません。
お恥ずかしい酒呑みの悲しい性で…、我が市民はとても品行方正です。

にほんブログ村 住まいブログ 国産材・地域材住宅へ
にほんブログ村 < 住まい < 国産材・地域材住宅 に参加中です!!
Please click over the icon once a day.
posted by 長風呂呑平 at 16:13| Comment(1) | 樹と木 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年03月31日

散り際の潔さ2018

週末土曜日のお昼過ぎ、暖かさも手伝って人並みにサクラの下を歩きました。
けやき台公園2018
けやき台中学校前2018
日頃「売れない」「安い」とぼやく自分が小さく思えます。
風に舞う散り際の潔さ、サクラとはすごい木だと感じます。

にほんブログ村 住まいブログ 国産材・地域材住宅へ
にほんブログ村 < 住まい < 国産材・地域材住宅 に参加中です!!
Please click over the icon once a day.
posted by 長風呂呑平 at 14:40| Comment(1) | 樹と木 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする