2019年06月05日

クリは遙か遠くになりにけり

> 昔は日常茶飯だったものが、砂漠で針を探すような環境になりました
> 加工する大工さんがいません


残念ではありますが、たしかにクリ材は一般の住宅建築の現場から市場性が無くなりました。

つい数年前まで、弊店取引先製品市場の事務所軒先に常に積まれてあった岩手県産クリのネコ板も、気が付くといつの間にかその姿を消していました。今日では事前に依頼しなければ入荷せず、さらにここまで手軽に扱える工業樹脂製の土台パッキン製品が普及した現在、時間と手間を掛けてわざわざクリネコを依頼する小売業者が激減するもの理解できます。

今回も知り得る範囲で四方手を尽くして「クリを探しているんだけど…」と伝えても、製品市場担当者との会話はどこかかみ合わず、こちらの意向に当を得た回答はありませんでした。これも時代の流れかな…とため息が漏れますが、それにしては木材を業として扱う専門職として寂し過ぎます。

幸いにも弊店の周囲には、まだクリネコを削ってくれる大工さんは現役です。
ただご多分に漏れず高齢化は一段と進み、いつまでも現状を維持できるわけがありません。近い将来「さて、だれ(どこ)に頼もうか…」と頭を抱える時が訪れるのは間違いないことです。
クリのアク
掲載しました上記画像は、ヒノキの赤土台にクリネコ板を挟んだ弊店施工例です。
かつてこのクリネコから布基礎ににじみ出たアクを、建て主さんから「基礎が汚れている」と指摘されて、白色のペンキを上塗りした施工業者がいたと聞いたことがあります。

こう聞くとお粗末な笑い話ですが、住宅建築や木材に携わる者としては実に本末転倒な愚行です。クリ材が市場性を無くした原因は唯一この一点、我々木材業者が一般消費者に正しい情報を正確に伝えなかった、これに尽きます。そして足下を見つめると、現状がこのまま続くとかろうじて流通しているスギやヒノキも、やがてこのクリと同じ道をたどることになると危惧してなりません。

ちなみに上記画像の物件の建て主さんご夫婦は、この基礎に流れ出たアクを見て「ワァ、ほんとに出てきた」と写真に納めていました。もちろん現在でも床下は画像の状態に変わりありません。

にほんブログ村 住まいブログ 国産材・地域材住宅へ
にほんブログ村 < 住まい < 国産材・地域材住宅 に参加中です!!
Please click over the icon once a day.
posted by 長風呂呑平 at 17:24| Comment(1) | 樹と木 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年06月04日

四十年間積み重ねたその先は

先週末の午後、県内にある木材製品市場の古参営業職が来店した。

弊店の担当に就いて三十数余年、その人はあと半年で定年退職を迎える年齢だ。どこかで遅い昼食を済ませてきたのであろう、一時半から三時までの約一時間半、私の対面に座りその大部分をとりとめの無い世間話に費やした。これからもう一軒、近隣にある同業他社を訪ねた後に帰社するそうだ。
新緑
世間一般にある今どきの営業職、そして弊店の敷居をまたぐ数少ない異業種の営業職というと、訪問の度に企画書とか提案書、見積書などを持参するが、記憶にある限りこの彼からは一度たりともその類いの書類を受け取ったことは無い。いわゆる「顔と情報を売る」のが彼の仕事で、椅子から立ち上がると「なにかあったら電話をください」と決まり文句を言って立ち去るのが定石だ。

胸のポケットにスマホは入っているが、呼び出し音が鳴って掛かってきた電話に出るのがその使い道。私はたばこを吸わないので、喫煙者の彼にとって90分間の終盤はかなりつらい時間に見受ける。

さて半年が経った退職後、この人はいったいなにをしているだろう。
彼自身は「アルバイトでもする」と笑うが、現在の世間様で彼が勤まるバイト先はあるだろうか。
思いつくところではホームセンターのカートの片づけ、赤い棒を持って道路工事の交通誘導、そして宅配便の配達員など。これも彼にとっては「雨の日はヤダ」「寒いのはダメ」「時間に追われるのは苦手」と顔をしかめる。私には90分間椅子に座っていられる職種は思いつかない。

そう遠くない将来、我が身に必ず訪れるであろう時を重ねて考える。
立場が違う定年が無い個人事業主、倒れるまで働き続けなければならない。
さて、その時オレはいったいなにができるだろう。

にほんブログ村 住まいブログ 国産材・地域材住宅へ
にほんブログ村 < 住まい < 国産材・地域材住宅 に参加中です!!
Please click over the icon once a day.
posted by 長風呂呑平 at 17:34| Comment(1) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年06月03日

数年振りに交わされた業者間の会話

県内のある流通業者さんとクリの木について話題になりました。

そのクリは福島県の奥会津産らしく、先日行われた立ち会いに数年振りに出品されたそうです。主要な用途は玄関の框(かまち)用で、まだ完全には乾燥されていないとのことでした。そして価格は生産者さんの希望する値は強く、「この単価以下だったら持ち帰る」と指示されたそうです。
クリの樹皮
実は弊店、数ヶ月前からこの国産材のクリを探していました。
ところが依頼先様の希望する用途は屋根の無い屋外用で、これを始終雨ざらしにするにはもったいない製品です。以来四方手を広げて知り得た極めて希少な機会ではありましたが、一木材商として用途はもちろん価格的にも、実に残念ではありますが諦めることになるかもしれません。

ただ私自身、このような会話が業者間で成立したのも記憶に無いほど数年振りです。
こうして問い合わせてもらえるだけ、ありがたいことにまだ材木屋なのかもしれません。

にほんブログ村 住まいブログ 国産材・地域材住宅へ
にほんブログ村 < 住まい < 国産材・地域材住宅 に参加中です!!
Please click over the icon once a day.
posted by 長風呂呑平 at 18:11| Comment(1) | 樹と木 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年06月02日

雨を知らせる花の色

早いもので水無月六月になりました。
静かな草花たちは正直で、月が変わると同時に玄関先のアジサイが色付きました。
色付くアジサイ
弊店東隣が竣工に至り、見渡す町内で工事中の物件が無くなりました。身を置く業界に限らずに人員の削減や時給の下落など、このところ耳に入る声は決まって下を向く話題ばかりです。
南からは梅雨入りの知らせが届き、ここ下総も今週中には雨の季節に入りそう。

にほんブログ村 住まいブログ 国産材・地域材住宅へ
にほんブログ村 < 住まい < 国産材・地域材住宅 に参加中です!!
Please click over the icon once a day.
posted by 長風呂呑平 at 15:03| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年05月29日

少なくとも秋までは会えないだろう至高の一品

実にありがたいことに、越中富山から鱒の寿しのお土産です。
ますの寿し本舗 扇一01
しかも富山市内に数ある店舗の中から、最も私好みの扇一(おぎいち)さん製です。
ますの寿し本舗 扇一02
ますの寿し本舗 扇一03
時節柄、今後涼しくなる秋口まではお目に掛かることはできません。
もちろん一夜で完食、ごちそうさまでした。
撮影:ますずしだいすき My point:★★★★★

にほんブログ村 住まいブログ 国産材・地域材住宅へ
にほんブログ村 < 住まい < 国産材・地域材住宅 に参加中です!!
Please click over the icon once a day.
posted by 長風呂呑平 at 16:30| Comment(0) | My 食べログ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年05月28日

弊店東隣は上棟から三ヶ月

弊店東隣は上棟からちょうど三ヶ月が経過しました。仮設電気が取り払われて、前面道路の本柱から宅内に通電された模様です。これにより一応の竣工と考えていいでしょう。
上棟から三ヶ月
そう珍しい工法でも無く、際だって凝った仕様の物件でもありませんでした。それにしては三ヶ月という工期は、この類いの建築会社にしてはかなりの長期工事です。よほどこちらの建て主さんが寛容なのか、それとも施工側によるなんらかの都合なのか…。どう考えても不思議な物件でした。

にほんブログ村 住まいブログ 国産材・地域材住宅へ
にほんブログ村 < 住まい < 国産材・地域材住宅 に参加中です!!
Please click over the icon once a day.
posted by 長風呂呑平 at 17:45| Comment(0) | 建築 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年05月27日

LadyBorden on the アンデス

有言実行、弊宅家人の昨日夕食後です。
アンデスメロン
撮影:くだものだいすき My point:★★★★★

にほんブログ村 住まいブログ 国産材・地域材住宅へ
にほんブログ村 < 住まい < 国産材・地域材住宅 に参加中です!!
Please click over the icon once a day.
posted by 長風呂呑平 at 17:56| Comment(1) | My 食べログ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする