2019年04月08日

今年のサクラ2019 in けやき台公園

週明けの月曜日は朝から小雨模様で、残念ながら花散らしの雨になりました。
俗なことわざどおりに花の命は短くて、一日前にとどめた華やかな在りし姿を。
けやき台公園01
けやき台公園02
けやき台公園03
けやき台公園04

にほんブログ村 住まいブログ 国産材・地域材住宅へ
にほんブログ村 < 住まい < 国産材・地域材住宅 に参加中です!!
Please click over the icon once a day.
posted by 長風呂呑平 at 16:48| Comment(1) | 樹と木 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年04月06日

今年のサクラ2019 in 町内会

ありがたいことにこの貧しい木材商にも、お陰様で穏やかな春が来てくれました。
市立愛宕中学校正門前
市立けやき台中学校
遊歩道ふれあいの道

にほんブログ村 住まいブログ 国産材・地域材住宅へ
にほんブログ村 < 住まい < 国産材・地域材住宅 に参加中です!!
Please click over the icon once a day.
posted by 長風呂呑平 at 15:08| Comment(1) | 樹と木 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年04月03日

東隣は上棟から五週間が経過

如月四月としてはかなり寒く、冷たい北風が強い一日でした。
その北風を防塵ネットがまともに受けて、時折仮設足場が揺らいでいました。
上棟から五週間が経過
弊店東隣は上棟から五週間が経過しました。防振ネット越しに見える範囲では、外壁の施工が終わったようです。昨日朝には4.0tトラック一車分の石膏ボードが屋内に運び込まれ、南側のアルミサッシ越しにその積まれた山が垣間見えます。その量から判断しても天井と内壁の下地はすべてそれでしょうから、比較的ゆっくり進んだ大工工事もそろそろ終盤に差し掛かったと思われます。

画像に見える車両は外壁のコーキング屋さんでしょうか、防塵ネットの裏でヘルメットが動いていました。それにしても運び込まれたあの石膏ボードの量、いつもながらすさまじい数量でした。

にほんブログ村 住まいブログ 国産材・地域材住宅へ
にほんブログ村 < 住まい < 国産材・地域材住宅 に参加中です!!
Please click over the icon once a day.
posted by 長風呂呑平 at 17:20| Comment(1) | 建築 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年04月02日

今年のサクラ2019 in 戸頭公園

本日午前の取手市戸頭公園です。
取手市戸頭公園北
取手市戸頭公園
園内での花見にはまだ少し早いようで…。
取手市戸頭公園

にほんブログ村 住まいブログ 国産材・地域材住宅へ
にほんブログ村 < 住まい < 国産材・地域材住宅 に参加中です!!
Please click over the icon once a day.
posted by 長風呂呑平 at 15:27| Comment(1) | 樹と木 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年04月01日

今年のサクラ2019

昨日のお昼時に就業先の駐車場で。
手持ちの弁当を広げて、今年初ひとりだけのお花見を。
つくばみらい市筒戸付近
つくばみらい市筒戸付近

にほんブログ村 住まいブログ 国産材・地域材住宅へ
にほんブログ村 < 住まい < 国産材・地域材住宅 に参加中です!!
Please click over the icon once a day.
posted by 長風呂呑平 at 13:43| Comment(0) | 樹と木 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年03月29日

花冷えの一日

鉛色の低い雲が広がり、弥生三月にしてはとても寒い一日でした。
永田町では予算も通り、世間様の話題は週明けすぐの会見ばかりが報じられます。
シダレザクラ
ついに100兆円だってさ、もちろん見たことも無いし数えたことも無い。
そのほとんどが借金じゃないか、いつだれが支払うのか決めてから進めるのが世の順序だ。

にほんブログ村 住まいブログ 国産材・地域材住宅へ
にほんブログ村 < 住まい < 国産材・地域材住宅 に参加中です!!
Please click over the icon once a day.
posted by 長風呂呑平 at 17:52| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年03月28日

長く深い眠りから覚めたヒノキたち

かねてより依頼制作中のヒノキ製品の打ち合わせに、建具屋さんの作業場を再訪しました。
桜川市真壁 上野木工所
ここまで形になるとおわかりでしょうか、こちらは総ヒノキ製の仏壇です。
製作途中の総ヒノキ製仏壇
当地下総で仏壇と言うと「関東型」と呼ばれる様式が一般的で、そのほとんどには広くケヤキが多用されます。その中で「できれば白木で明るく」とのご希望から、あえてヒノキを選びました。

昨秋に弊サイトでお伝えしました「総天然木曽ヒノキ製御霊舎」とまではいかないまでも、正面からの見附には天然木曽ヒノキを選択し、側板や背板には弊店倉庫に深く静かに眠っていた高樹齢ヒノキを使いました。加工中に可能な限り辺材(シラタ)を排除して、今後長くヒノキ特有の色とツヤが残るように選別しました。もちろんすべて自然乾燥材、あのヒノキ特有の芳香は健在です。
製作途中の総ヒノキ製仏壇
実に数十年振りに倉庫奥底から引き出して、一見しただけでは何の木か判別できないほど黒くホコリを被っていたヒノキでしたが、こうして建具屋さんの手によってお陰様でヒノキ本来の姿に蘇りました。完成までにあと一週間程を要するとのこと、完成品はもちろん掲載させていただきます。

にほんブログ村 住まいブログ 国産材・地域材住宅へ
にほんブログ村 < 住まい < 国産材・地域材住宅 に参加中です!!
Please click over the icon once a day.
posted by 長風呂呑平 at 16:18| Comment(1) | 樹と木 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする