2019年02月02日

節分を明日に控えた土曜日に

二月に入って第一土曜日午前中、久し振りに屋内外の清掃作業。
イチゴの季節になりました
その間に例によって中古トラックの買い取り、近隣墓園、NTTなんとかの通話料金の勧誘電話が各一本。倉庫内でサカリのついたネコがあまりにもうるさいので追い払う。訪問来客終日無し。

にほんブログ村 住まいブログ 国産材・地域材住宅へ
にほんブログ村 < 住まい < 国産材・地域材住宅 に参加中です!!
Please click over the icon once a day.
posted by 長風呂呑平 at 17:25| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年02月01日

初雪が舞って外された「売物件」

この季節らしく高い冬空が広がる如月二月です。昨夜半から降り始めた初雪も明け方にはすっかり上がり、入れ替わって北風が強く吹き荒れるキンと冷えた一日になりました。
外構工事進捗中
弊店東側はなかなか工事が進みません。よほど工期に余裕があるのか、あるいはこちらも人材不足で複数の現場を掛け持っているのか。資材の長期現場保管は盗難の危険性も拭いきれません。

注目の「売物件」看板が外されました、さすがにじゃまになったか…。

にほんブログ村 住まいブログ 国産材・地域材住宅へ
にほんブログ村 < 住まい < 国産材・地域材住宅 に参加中です!!
Please click over the icon once a day.
posted by 長風呂呑平 at 17:43| Comment(0) | 建築 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年01月31日

犬も歩けば棒に当たるか

早いものでお正月も月末です。
予報では好天が続くここ下総にも、ようやく今夜にひと湿りありそうです。
いつに無く寒い冬
いつに無く寒々しい一ヶ月でした。
期待して臨んだ会議はその意にそぐわず、よかれと招いた客人には深意が伝わりませんでした。耳にする業界話は閉鎖した木材市場の話題ばかりで、今後の展望などだれもひとつまみも触れません。

いろはかるたの一番「犬も歩けば」にたとえれば「材木屋が歩いても石にも棒にも当たらない」。

にほんブログ村 住まいブログ 国産材・地域材住宅へ
にほんブログ村 < 住まい < 国産材・地域材住宅 に参加中です!!
Please click over the icon once a day.
posted by 長風呂呑平 at 16:22| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年01月30日

この寒中に基礎工事開始から二週間で上棟済み

うかつにも弊宅徒歩10分では上棟が済んでいました。
下の画像は今月12日のこの現場、つい二週間前に基礎工事が始まったばかりでした。
基礎工事開始
確かに好天が続いて屋外で行う工事には申し分無い環境でした。
しかし、この寒中にコンクリートの養生期間を考えてもかなり早急な施工です。
二週間で上棟済み
片流れ屋根など構造駆体の形状から判断して、一般的な建て売り物件とは異なるようです。
仮に注文住宅として、よほど工期を急かされているのか。それにしてもこの時季に打設時の凝固剤と不凍液の使用を、建て主さんは正しく理解しているのか不思議です。

なお上棟に使われている構造用材は遠目で見る限り、今さら特段記載に値する木材ではありません。

にほんブログ村 住まいブログ 国産材・地域材住宅へ
にほんブログ村 < 住まい < 国産材・地域材住宅 に参加中です!!
Please click over the icon once a day.
posted by 長風呂呑平 at 17:18| Comment(2) | 建築 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年01月29日

弊店東側で外構工事開始

弊店東側で外構工事が始まりました。
案の定、着工に至っても「売物件」の看板は外されません。
外構工事開始
ただ、まだ敷地内に建築確認済証が見当たりません。

にほんブログ村 住まいブログ 国産材・地域材住宅へ
にほんブログ村 < 住まい < 国産材・地域材住宅 に参加中です!!
Please click over the icon once a day.
posted by 長風呂呑平 at 16:18| Comment(2) | 建築 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年01月28日

冬空の下で聞こえた八幡様の声

正月も月末になろうというのに、八幡様は多くの参拝者(観光客)でたいへんな賑わいでした。
お札や破魔矢の前には長い行列ができ、参道に並ぶ露天商にもこれまたお行儀良く行列です。
それぞれに並ぶ目的は別として、実に日本人とは正しく礼節を重んじるお国柄です。
鶴岡八幡宮参道
鶴岡八幡宮境内
高く澄んだ冬空に白い雲、その下で日々の平穏を祈念するために並ぶ多くの人たち。この浮世の穏やかな光景の中で、八幡様が「生きているうちが花」と言っているように聞こえました。

にほんブログ村 住まいブログ 国産材・地域材住宅へ
にほんブログ村 < 住まい < 国産材・地域材住宅 に参加中です!!
Please click over the icon once a day.
posted by 長風呂呑平 at 17:56| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年01月26日

もうウメがほころぶ鎌倉へ

「あて所に尋ねあたりません」。
投函したばかりのハガキの表に、赤く乾いた文字列が印字されて戻りました。
これは時として思いも掛けない辛い知らせになります。

JR鎌倉駅前から路線バスに揺られて約10分、相変わらず鎌倉の道路は道幅が狭いと感じます。
臨済宗浄妙寺山門
五山末位に位置するこのお寺は、明らかに「観光客」と見受ける人たちが季節にかかわらず参拝(散策)に訪れるようになりました。個人的にそれが良いか悪いかは別として…。
臨済宗浄妙寺境内
早いもので来週末には二月に入ろうとする鎌倉は、もうウメがほころび始めていました。
臨済宗浄妙寺墓園
昨日からの予報どおり、朝から北風が少し強めに舞った一日でした。
それでも背中に感じる日差しは、この季節でも下総には無い柔らかい暖かさがありました。

合掌

にほんブログ村 住まいブログ 国産材・地域材住宅へ
にほんブログ村 < 住まい < 国産材・地域材住宅 に参加中です!!
Please click over the icon once a day.
posted by 長風呂呑平 at 18:58| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする